記事一覧

桃源郷フンザ

パキスタン北部の秘境フンザ。四季折々の美しさがあるフンザ。今の時期は紅葉シーズン。でも、一番おススメなのは春。 冬が終わり雪が溶け杏の花たちが一斉に割き始めるこの春に体験する花見は自分がどこの誰であるかを忘れ美しい自然に全身を沈めることができます。お酒もカラオケもいりません。ただそこに身を置かせてもらうだけで最高に贅沢な時間を味わうことができるのです。もちろん、フンザの魅力は花見だけではありません...

続きを読む

オーガニックチキンが買えるお肉屋さん Go Fresh Meat Shop

半年前になりますが、人気お肉屋チェーン店”Go Fresh Meat Shop”がF-6スーパーマーケット地区にオープンしたの、ご存知でしょうか。場所は、お馴染みにのスーパーBest Priceの裏手です。コサールマーケットにあるQURESHIとの決定的な違いは 空調設備が整い、また肉裁きコーナーがガラス張りになっているからか肉の生臭さを全く感じないこと!また値段も手ごろなので、お得感も味わえます。一方、QURESHIと同じく パック入りのお肉...

続きを読む

Polly&Other storiesがKayalに戻りました

以前ぴあらでもご紹介したPolly&Others Storiesが元のお店”Kayal”に戻りました。お店の人によると「Kayalがつぶれたわけでなく、半年間、Polly&Other storiesに店舗を貸していただけなんですよ」とのこと。ちなみに、Polly&Other storiesはイスラマバードに新店舗を構えたんだとか。これについては、後日、またお伝えしますね。さて、Kayalに戻ったお店ですが外観も店内もこれまでと、ほとんど変わりありません。パキスタン産のハ...

続きを読む

ファイサルモスク

イスラマバードのランドマークと言えばここ「ファイサルモスク」空港から市内に向かう幹線道路からも高くそびえるミナレットが目に入ります。ファイサルモスクは1966年にサウジアラビアの国王シャー・ファイサルの寄進によって建設されました。南アジアでは最大のモスクで、屋内外合わせると約10万人が一同に礼拝できる大きさを誇ります。パキスタンのモスクは異教徒でも見学できます。まずは入り口で靴を預け(かごに靴を入れ番号...

続きを読む

Solt'n pepper

今日は、パキスタンのファミリーレストラン「Solt'n Pepper ソルトン ペッパー」をご紹介します。このレストランの店内は壁に沿ってボックス席があり日本のファミレスにそっくりですよね!メニューはパキスタン料理が中心ですが、中華料理、バーガー、サンドイッチなど種類が豊富。お子様連れにうれしい「キッズメニュー」もあり。ドリンク、メイン、サイドメニュー、デザートが選べて380ルピーとお値打ちのうえ、サーブがとって...

続きを読む

QUE BEE STOREにもあります!日本食材

F7/2ラナマーケットにあるジェネラルストア「QUE BEE STORE」こちらのお店に最近日本食材コーナーができました。充填豆腐、味噌、キューピーマヨネーズ、カレールーなどなど。もちろん値段は高価ですが、やっぱり食べたい日本の味。コサールマーケットほどの品揃えではありませんが、要チェックですよ!...

続きを読む

運動不足の方に Studio 8

車生活が基本のパキスタン。「パキスタンに来てから運動不足になった・・・」「体重の増加が止まらない・・・」という方も多いのではないでしょうか。そんなあなたへぴあらでもお馴染みのビバリーセンターにあるヨガレッスンが受けられる「Studio 8」をご紹介します。 ビバリーセンター中央の薄暗い階段を上ったところにあるこちらのスタジオ。中に入ると 小さいながら更衣室、ロッカーがあり奥に広いスタジオがあります。ヨガは...

続きを読む

子どもたちが楽しく身体を動かせる Weplay

思いっきり身体を動かして遊びたい子どもたちに朗報です。E-11/4セクターに室内遊戯施設「Weplay」が誕生しました!!外観は体育館。中に入ると、そこは 遊具がいっぱいのパラダイス☆「(使用人に囲まれて暮らす富裕層の子どもだけですが)パキスタンの子どもは運動不足による肥満児がたくさん。ここはそんな子どもたちが楽しく運動できる場所なんです。2階の一部は大人向けのフィットネジムなのですが、Weplayは子どもたち向けの...

続きを読む

避暑地 Murree その2

避暑地Murreeその1の続きです。マリーエクスプレスウェイを左に入るといよいよマリー!まずは「カシーミールポイント」。眼下に広がる山、その向こうがカシミール地方です。ここでは「Murree safari train」に乗車できます(大人150ルピー/約150円)。約2Kmを20分ほどで走るこの電車、途中「これは絶景!」というポイントがないのが・・・なんともパキスタンらしいのですがところどころで運転手さんが説明をしてくれます(ウルド...

続きを読む

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: