記事一覧

どうなる新空港

(イメージ)もうすぐ夏休みシーズン一時帰国や国外旅行を計画中の方も多いのではないでしょうか。イスラマバードのベナジル・ブット国際空港は世界の空港の快適さや便利さを比べたランキングで「世界一最悪」の評価を受けてたこともありますが・・・西南に約30Kmほど離れた場所に新空港の建設がすすんでいます。(出典:wikipedia)当初は「イスラマバード ガンダーラ空港 2010年開港予定」と計画発表されていたそうです...

続きを読む

イスラマバード発おススメの旅行先 その3 カタール

イスラマバードから直行便でひとっとびで行ける湾岸諸国。オマーンの次にご紹介するのはカタールです。高層ビルが立ち並び、遠目からはニューヨークにも見えてしまう!?中東一お金持ち国家と言われるカタールの首都、ドーハ。イスラマバード発Qatar Airways を利用すれば、大人1人往復5万円前後。3時間ちょっとでドーハに到着。行きが日中便であるのも嬉しいです。それから、オマーンと同じく、ビザ申請不要というのも嬉しいポイ...

続きを読む

世界遺産 ロータスフォート

パキスタンにある6つの世界遺産。モヘンジョダロタキシララホールに続いてご紹介するのはここイスラマバードから車で2時間ほどで行けるつまり”日帰りお出掛け”ができる世界遺産ロータスフォートをご紹介します。イスラマバードからGTロードを走ること約2時間でロータスフォートに到着。まわりはすっかりのどかな郊外。付近にはレンガ工場がたくさんあります。...

続きを読む

イスラマバード発おススメ旅行先 その2 オマーン

イスラマバード発の旅行先として・・・前出記事でご紹介したスリランカの次におススメしたいのは「オマーン」です。日本からは直行便がないこともあり、旅先としては馴染がない・・・という方も多いのでは。でも、イスラマバードからは直行便で約3時間!日中のフライトで、航空券が大人1人約3万円程度という安さもおススメ理由の1つです。事前のビザ申請も不要。入国審査所の手前に両替兼ビザ販売所があり、その場でオマーンリア...

続きを読む

イスラマバード発おススメの旅行先 その1 スリランカ

シーギリアロックパキスタンも楽しいけど、たまには脱出してどこかでのんびりしたいな・・・という方に、今回ぴあらがおすすめするのはスリランカです。まず、パキスタンから近い。また、スリランカ国内の観光地もわりとまとまっているので、短期間でも十分楽しめます。ダンブッラ ゴール地区ジュエリー原石採掘現場最近日本からも人気の旅行先でTVや雑誌でもよく取り上げられているスリランカ。かわいい雑貨、宝石、特産品の紅茶...

続きを読む

ハラッパー遺跡

前回のモヘンジョダロと並んで、インダス文明の遺跡として有名なハラッパー。インダス文明といえばインドと思われる方も多いと思いますが、実は遺跡が集中しているのはパキスタンなのです。ハラッパー遺跡はラホールから車で約3時間、ムルタン焼きで有名なムルタンに行く途中にあります。ただ残念ながら、19世紀中頃にムルタンからラホールへの鉄道が敷設された際、線路の敷石の代用としてハラッパ遺跡のレンガが多数乱掘されたた...

続きを読む

モヘンジョダロ

社会のテスト勉強で、誰もが必ずセットで記憶したパキスタンの地名といえば?モヘンジョダロ・ハラッパー。エジプト、メソポタミア、中国と並ぶ、世界四大文明の1つインダス文明の発祥地。そのインダス文明最大規模の遺跡がモヘンジョダロ。パキスタンの世界遺産の1つです。入り口を抜けるとまずは博物館。 陳列されているのは土器や石器、銅製の道具、貝の装飾品など。パッと見、古びた館内ですが、その中で1つ新鮮なのは 展示品...

続きを読む

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: