記事一覧

パキスタン産バジルシード

パキスタンでも見かけるこのバジルシードドリンク数年前にダイエット食、健康食として紹介され日本でも スーパーフード してブームになりましたね。「バジルシード」とは、ずばりハーブのバジルの種ですが、不飽和脂肪酸、タンパク質、アミノ酸、食物繊維など栄養豊富なうえ、無味無臭なので食べやすくダイエットに最適なのだとか。アジアからインド産が多いこのバジルシード、パキスタンでもポピュラーな食材の一つで、100g...

続きを読む

桃のコンポート

いま、パキスタンは夏の果物が最盛期マンゴー、桃、ライチ、プラムなどおいしそうな果物がたくさん並んでいます。今日はその中から「桃」を使った簡単デザート「桃のコンポート」を紹介します。日本でもこの時期、ケーキのデコレーションなどに使われている桃のコンポ―ト、桃が安く手に入るパキスタンなら思い切ってたくさん作れます。<材料(直径20cmの鍋で1回分)>桃・・・4個※砂糖・・・大さじ6~10 (大さじ6=す...

続きを読む

グルテンフリー☆南アジアの天ぷら Pakora(パコラ)

パコラは、パキスタンの定番スナック。リフレッシュメントと呼ばれるおやつの時間や、断食明けの軽食に楽しむ料理です。ここで注目したいのがパコラの原料である「ベイスン粉(Baisen)」!これは、ひよこ豆の粉を意味し、最近日本でも話題のグルテンフリー食材。揚げ物ではありますがヘルスコンシャスな日本人にもウケる可能性ある料理ですよ。今回は、定番のじゃがいもを使ったパコラに加えてマッシュルーム、鶏肉のパコラを作っ...

続きを読む

もはやカレーではないカレー Namkeen Gosht

 Namkeen Goshtは、KP州からアフガニスタン付近で有名な伝統料理。「Namkeen」は英語のSalty、「Gosht」はMeat(マトン、ビーフ)を意味します。レッドチリを使わないためカレーっぽさが全くありません。今回ご紹介するNamkeen Goshtは2種類。Namkeen Gosht with ShorbaBhuna Namkeen Gosht「Shorba」はスープ、「Bhuna」はローストのこと。スープ状のNamkeen Goshtを煮詰めれば、ロースト状のNamkeen Goshtに早変わり!大の肉好...

続きを読む

珍しい?キノコのカレー Mushroom Masala

私たち日本人にとっては、どこでも手に入れられるお馴染みのキノコ。でも、ここパキスタンではキノコ類は高級品。富裕層向けの食材です。インドの厳格なベジタリアンは、玉ねぎ、にんにくとともに、キノコ類を毛嫌いする人も多いという話もありますが・・・パキスタンでも”キノコのカレー”なんて聞いたこともありません。今回は、そんなことはさておき、ホワイトマッシュルームを使ってロティや香り高いバスマティライスによく似合...

続きを読む

パシュトゥーンの名物料理 Karahi Gosht

”Karahi”とは、パキスタン・アフガニスタンにまたがる地域で食される鉄鍋で煮込んだ濃厚なカレーのこと。”Karahi”は「カラヒ」または「カライ」と発音されます。また、”Gosht”は肉を意味します。アフガニスタンと国境を接するパキスタン。マトンとトマトで煮込まれたカラヒ・ゴーシュトは、アフガニスタンとパキスタンの食文化が融合した料理。言わば、スパイシー・シチューです。【材料】   <3~4人分>マトン 500g※カラヒカ...

続きを読む

定番中の定番家庭料理 Aloo Keema Matar

アールは「じゃがいも」、キーマは「ひき肉」、マタルは「グリーンピース」を意味します。マトンより安価な「牛ひき肉」を使ったキーマカレーは、パキスタンの定番家庭料理。豪華な料理ではありませんが、パキスタン人みんなが大好きな料理です。【材料】  <3~4人分>ひき肉(牛) 250グラム玉ねぎ 1個トマト 1個じゃがいも 1個グリーンピース ハーフカップしょうが・にんにく 大さじ1(すり潰し)しょうが 少...

続きを読む

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: