記事一覧

日本初公開パキスタン映画「娘よ」

3月25日より日本初公開となるパキスタン映画「娘よ」が封切されます!この映画はパキスタンで起こった実話をもとに10年の準備期間を経て2014年にパキスタン、アメリカ、ノルウェーで共同製作されました。海外で高い評価を受け、第87回アカデミー賞外国語映画部門のパキスタン代表にも選出され、 すでに世界20カ国以上で上映、クレテイユ国際女性映画祭観客賞をはじめ、 ソノマ国際映画祭最優秀作品賞など数多くの賞を受賞してい...

続きを読む

COKE STUDIO

パキスタンの音楽が聞きたい!という方のおススメなのが「COKE STUDIO」コークスタジオとは、コカコーラ・パキスタン社が提供する音楽番組で、2008年から毎年数ヶ月間限定で放送されています。今年はシーズン9。現在絶賛放送中!番組企画はもちろん、パキスタン人。パキスタン人ミュージシャンが奏でる音楽は伝統音楽と現代音楽の見事なコラボレーションでパキスタン国内、老若男女問わず絶大な人気を集めているのだとか。音楽が...

続きを読む

パキスタンが舞台の映画 その6 ゼロ・ダーク・サーティ

パキスタンといえばテロ組織指導者、「ビン・ラディン」がアメリカ軍によって殺害されたところ・・というイメージが強い人も多いはず。こちらの映画「ゼロ・ダーク・サーティ」はオサマ・ビン・ラディンの捕獲・殺害ミッションを元に作られた映画として公開当時、話題を呼びました。また、オサマ・ビンラディンをパキスタンの潜伏場所で殺害してから丸5年を迎えた今年5月、米中央情報局(CIA)は急襲作戦の一部始終を5年遅れでツイ...

続きを読む

パキスタンが舞台の映画 その5 君のためなら千回でも

今回ご紹介するのはパキスタンではなくアフガニスタンが舞台の映画「君のためなら千回でも」です。原作小説「カイトランナー」は2003年に出版され全世界で800万部以上を売り上げたベストセラー作品。日本でも2006年に出版。2007年に映画化された際邦題は「君のためなら千回でも」となりました。パキスタンが登場するのは少しですがソ連侵攻・タリバン支配により荒廃したアフガ二スタンからみたパキスタンはバザールにものが溢れ活...

続きを読む

ただいま日本公開中!『ソング・オブ・ラホール』

パキスタンを取り上げた映画『ソング・オブ・ラホール』8月13日より東京をはじめ日本全国で公開されました。パキスタンを取り上げた映画というと、どうしてもテロや戦争など暗~いイメージ。でもこの映画、主人公は愉快で明るい音楽大好きなパキスタンおじさま方。彼らは言います。「全世界に知ってほしい。パキスタン人は芸術家でテロリストじゃないことを」<あらすじ>パキスタン第2の大都市・ラホールは「ロリウッド」と呼ば...

続きを読む

パキスタンが舞台の映画 その4 インディスワールド

2000年、イギリスへの不法入国を試みた中国人58名がトラックのコンテナ内で死亡するという事件に衝撃を受けたマイケル・ウィンターボトム監督が取り組んだ、難民問題を題材としたドキュメンタリータッチのロードムービー。2003年ベルリン国際映画祭で金熊賞他3冠に輝いた作品です。実際に難民キャンプで生まれ育った少年たちを起用。彼らが体験する初めての旅を小型のデジタルカメラを使い臨場感豊かに映し出しています。主演のジ...

続きを読む

パキスタンが舞台の映画その3 マイティ・ハート 愛と絆

2002年にパキスタンで取材中にテロリストに誘拐、殺害された実在のジャーナリスト、ダニエル・パールの妻が著した手記『マイティ・ハート 新聞記者ダニエル・パールの勇気ある生と死』をアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化した社会派ドラマ。撮影は、事件が起こったパキスタンのカラチを中心にラワルピンディなど、実際の現場となったホテルやカフェでも撮影が行われるなど、事実に忠実な作品。重いテーマですが、カラチの混沌...

続きを読む

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: