記事一覧

パキスタン産原石を使ったエシカルジュエリー

パキスタン産原石を使ったジュエリーを販売しているショップが東京・表参道にあります。名前はEarthrise。高級ジュエリーを扱う店とはいえ店内に入るとふわっとハーブの香りがするナチュラルテイストなお店。迎えてくれる店員さんもとっても自然体。美しく輝く宝石たちを、決して気構えることなくゆったりした気持ちで愛でることができる空間です。Earthriseのジュエリーで使用されている石や金の原産地はパキスタンだけではありま...

続きを読む

ぴあらなハンドメイド商品が揃う店 Kayal

ビバリーセンター、バーニングブラウニーの並びにあるお店「カヤル」。店内にあるすべての商品はハンドメイドです。(出典 Kayal FB)アンティーク家具やリキシャやパキトラをデザインしたクッション、コットン生地のクルティ(シャルカミの上着のみの呼称)などなど写真(上)にある、とってもぴあらな商品♡のほとんどが購入可能!涼しそうなコットン生地のクルティは日本でもチュニックとして着回せますね。クッションカバーや...

続きを読む

南アジアのお漬物 Aam ka Achar

アームは「マンゴー」、アチャールは「漬物」を意味します。今日は世界一のマンゴー産地であるパキスタンならではのマンゴーお漬物レシピをご紹介!マンゴー以外にも、パキスタンには人参、レモン、唐辛子、カリフラワーなどのアチャールがあります。スパイスの配合は、食材によって、また家庭によって変わりますが、パキスタン人にとっては「お母さん手づくりアチャ―ルがやっぱり一番おいしい」そう。日本でも、おばあちゃんやお...

続きを読む

パキスタンが舞台の映画その3 マイティ・ハート 愛と絆

2002年にパキスタンで取材中にテロリストに誘拐、殺害された実在のジャーナリスト、ダニエル・パールの妻が著した手記『マイティ・ハート 新聞記者ダニエル・パールの勇気ある生と死』をアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化した社会派ドラマ。撮影は、事件が起こったパキスタンのカラチを中心にラワルピンディなど、実際の現場となったホテルやカフェでも撮影が行われるなど、事実に忠実な作品。重いテーマですが、カラチの混沌...

続きを読む

パキスタンスイーツ その2 バルシャヒ

今回ご紹介するのは「バルシャヒ」小麦粉、砂糖、ギー(牛脂)からできていて一見ドーナツのよう。でも、ドーナツよりずっと固い!という食感です。また、砂糖が沢山入っているので口の中で砂糖がジャリジャリと音を立てます・・・。とはいえ、シロップ漬けのスイーツよりは食べやすくパキスタンスイーツ初心者向け。子どもたちのたちの反応はどうでしょうか・・・?...

続きを読む

シリーズ・パキスタンのイケメン 番外編 その1

(おそらく)ガウタマ・シッダールタさん年齢不詳。ラホール美術館で暮らしています。「ここに来る前からずっとこの国や世界のことを見てきたよ。長い長い歴史を持つこの国は本当に素晴らしいよ。」毎日、この場所に居て何を考えてらっしゃるんですか?「平和さ。僕は仏教の開祖者だけど、イスラム教徒もクリスチャンも、その他の宗教を信じている人も、みんながお互いを認め合い、共生できる世界が一番だよ。」「あっ、でも駐妻た...

続きを読む

ここにもあります金門飯店

パキスタンでは中華料理の人気が高く中華料理店がいくつもあります。今日ご紹介するのは「金門飯店」です。「金門飯店」は市内ショッピングモールのフードコートやゲストハウスを併設するF-6/1の「金門飯店2」など市内に数店舗を展開。その中でおススメなのはF-7セクター・ジンナーマーケットにある「金門飯店」。昨年末にオープンした新しい店舗なので店内がキレイ。休日のランチタイムには大勢の中国人が訪れるため中国にいるか...

続きを読む

モヘンジョダロ

社会のテスト勉強で、誰もが必ずセットで記憶したパキスタンの地名といえば?モヘンジョダロ・ハラッパー。エジプト、メソポタミア、中国と並ぶ、世界四大文明の1つインダス文明の発祥地。そのインダス文明最大規模の遺跡がモヘンジョダロ。パキスタンの世界遺産の1つです。入り口を抜けるとまずは博物館。 陳列されているのは土器や石器、銅製の道具、貝の装飾品など。パッと見、古びた館内ですが、その中で1つ新鮮なのは 展示品...

続きを読む

激ウマ「チキン・サッジ」が食べられる店

サッジとは、イランと国境を接するバローチスターン州の名物料理。棒に突き刺さった、軽く塩を振られた丸ごとの鶏肉。この鶏肉たちは、地面に垂直にぐっと立ち中央にある焚火もしくは炭火を囲みます。その後、棒をときどき回しながら時間を掛けてじっくり炙られたのがサッジ。パキスタン版鶏の丸焼きです。パキスタンへの赴任・渡航が決まった方が必ず手に入れる『地球の歩き方(07~08版)』にも豪快なマトン・サッジの写真が掲載...

続きを読む

なぜに?なにゆえ!?パキスタ~ン その3 ぴあらな○○の巻②

ベーカリーで買い物をすませ、車に乗ろうとしたその時、ふと目に入ったのは、なんてぴあらな(かわいい)・・・!これは最新のポスト!?いやきっとパキスタンアートの宣伝も兼ねた誰かの芸術作品!?と思いきや・・・。「なぜに?なにゆえ!?パキスタ~ン!」なんとそれはとてもぴあらなゴミ箱!周りにはぴあらな宣伝カーもあったりで、ここ一帯はぴあらワールド♪イスラマバード、立派かつ綺麗なビルやホテルが見られる一方で、...

続きを読む

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: