記事一覧

使用人あれこれ その5 チョキダール

チョキ

今日はチョキダールさんを紹介します。

「チョキダール」とは警備員(門番)のこと。

自宅周りの警備と外出・帰宅時の門扉の開閉が主な仕事。
直接雇用ではなく警備会社と契約し、派遣されます。
契約によっては銃を携帯させている会社もあり。
勤務形態は警備会社によって異なりますが
12時間毎の2交代制が主流です。

チョキ

住宅街でよく見かけるこの白い箱は「チョキダールボクス」と呼ばれる
チョキダールさんの待機場所。その中、もしくは外に小型コンロがあり
勤務しながらも、昼ご飯や夕ご飯を調理できるようになっていることも
あります。

チョキダールさんはパキスタンでは比較的新しい業種(2001年以降急速に普及したとか)。
そのため、職業としての地位が低く、低賃金のため人材があまり優秀でないとう
現実もあり、トラブルが発生することもたまにあり・・・。

例:

・家人が留守であることを他人に漏らし、空き巣の手引きをした。
・夜間勤務のチョキダールがずっと寝ていた。
・門に鍵をかけたまま買い物(食事)に出かけ、家人が家に入れなかった

などなど。                             
(いずれもパキスタン人家庭も含めた例であり、すべての人がこのような事をするわけではありません)

しかし、パキスタンで安心して暮らすためにはチョキダールさんの
存在は欠かせません。ご近所のチョキダールさん同志が仲良くしているため
安全面だけでなく、家人が困っていると他の家のチョキダールさんが
助けに来てくれることもあります。

普段からコミュニケーションをとって、うまく付き合えば
チョキダールさんはとっても頼れる有り難い人となりますよ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: