記事一覧

激ウマ「チキン・サッジ」が食べられる店

IMG_7632.jpg

サッジとは、イランと国境を接するバローチスターン州の名物料理。

棒に突き刺さった、軽く塩を振られた丸ごとの鶏肉。
この鶏肉たちは、地面に垂直にぐっと立ち
中央にある焚火もしくは炭火を囲みます。
その後、棒をときどき回しながら時間を掛けて
じっくり炙られたのがサッジ。パキスタン版鶏の丸焼きです。

パキスタンへの赴任・渡航が決まった方が必ず手に入れる
『地球の歩き方(07~08版)』にも豪快なマトン・サッジの写真が
掲載されています。

さて、今日は、マトン・サッジではなく、チキン・サッジの美味しい店を
ご紹介。

IMG_7626.jpg IMG_7630.jpg

F-8/2セクター・Madina Market地区にある「Bismillah Tikka & Chargha House」。
外国人ではなく、地元パキスタン人に大人気の店。
ドライバーさんによると「夜はなかなか席が取れない店」だとか。

この店のチキン・サッジは

IMG_7634.jpg

1羽分が500ルピー(1ルピー約1円)。
(その場でも食べても良し。持ち帰っても良し)

とにもかくにも

IMG_7635.jpg IMG_7637.jpg

ここのサッジは、無駄な油が落ち、身が引き締まっているのが売り。
燻製のような味で、ワインとの相性とも抜群です。
香ばしく焼けた鶏皮も絶品!!そこだけでも
食べる価値はありますよ。

【情報募集】

某記者、赴任当初こそ、マトン・サッジはイスラマバード市内のレストランやホテルで
簡単に食することができると考えていましたが、後にその考えが甘いことに
気づきました。チキン・サッジではなく、マトン・サッジの情報を持っている方が
いましたら、ぜひ教えてください!!

Bismillah Tikka & Chargha House
住所:Block 5, St 21, Madina Market F-8/2
電話番号:(051) 228-0302
営業時間:12:00-0:00 年中無休










関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: