記事一覧

飲料水供給ステーション

IMG_0275.jpg

街中で見かける飲料水供給ステーション。

IMG_0276.jpg

この飲料水供給ステーションは国営。
パキスタンの水質汚染問題への対策として
2001年、政府が国内各所に設置しました。

安全な飲み水を求めて、連日、沢山の人たちが
大きな水タンクを携え、ここにやってきます。

ところが、ショックなことに、今年春の水質検査で
イスラマバード市内にある11のステーションのうち
なんと7つのステーションの水が

「飲料水として適さない、様々な病原菌で汚染されている」

ことが発覚!首都イスラマバードでこの結果。
地方都市、村々に設置されたステーションでも
”浄水”ではなく病原菌混じりの”汚水”が配給されているはず・・・。

※原因の1つは設置後15年以上が経過し浄水システム自体が老朽化しているにもかかわらず、政府、その委託機関が管理を怠っていること。
また源水である地下水に下水・汚水が多く含まれている、つまりパキスタンの下水処理が進んでいないことも水質汚染の要因の1つ。


私たちがパキスタンに赴任して衝撃を受けたのは

”パキスタン人も私たち外国人と同じくよくお腹を壊す”

という事実。

そう、パキスタンで生活していれば皆お腹が丈夫になる・・・
なんていうのは迷信。パキスタンの水質汚染はそれほど
深刻なのです。だからこそ、悲しいかな
水因性疾患で死亡する子供たちも
後を絶ちません(5歳未満の乳幼児死亡率は日本の約30倍!)。

この飲料水ステーションの水を皆がゴクゴクと飲み干せる日が
早く来るよう願うばかりです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: