記事一覧

イスラマバード発おススメの旅行先 その3 カタール

20161228161425e2c.jpg

イスラマバードから直行便でひとっとびで行ける湾岸諸国。
オマーンの次にご紹介するのはカタールです。

高層ビルが立ち並び、遠目からはニューヨークにも見えてしまう!?
中東一お金持ち国家と言われるカタールの首都、ドーハ。
イスラマバード発Qatar Airways を利用すれば、大人1人往復5万円前後。
3時間ちょっとでドーハに到着。行きが日中便であるのも嬉しいです。

それから、オマーンと同じく、ビザ申請不要というのも嬉しいポイント。
カタール入国審査の際、その場で1人100カタールリヤル(約3000円)を支払えば
観光ビザが取得できるのです(支払いはカードかカタールリヤルのみ)。

さて、ドーハはコンパクトにまとまった大都会。

見るもの全てが人工的だなぁ・・・
といった感は否めないのですが
イスラマバードから来る方にとっては

20161228161427bed.jpg 20161228144001ead.jpg

ヨーロッパの街並みを再現したような
整然としたキレイな歩道を歩くだけで
気持ちがアップ!良い気分転換に
なるのではないでしょうか。

また、ドーハには、イスラマバードにはないような巨大モールも無数に存在。
外を歩けないくらい暑い時期であれば、涼しいモールで過ごすのもおススメです。

モール内には

20161228144003b39.jpg

ベニスをイメージした運河もあったり、なんだか見るもの
全てがゴージャス☆

そんなモールで日本を感じたい方にぜひ寄ってほしいのが

20161228161433b37.jpg 20161228161531e1d.jpg
20161228161441972.jpg 20161228161438aad.jpg

サンリオ、ヨックモック、ダイソーといった懐かしいお店たち。
帰国しなくても、馴染みの商品たちに触れることができます。
(これもリフレッシュの1つ)

一方で、せっかく来たのだから”アラブ”な雰囲気も味わいたいと思う方は

20161228144144fc8.jpg

”スーク・ワキーフ”も訪れるべし。

アジアの喧噪を100%体感できるパキスタンのローカル市場と比べると
このスーク(市場)も・・・若干”作られた感”があるとはいえ

一歩踏み入れば

20161228144153615.jpg 2016122814415606b.jpg

そこは異国情緒溢れる空間。
アラブ料理や水タバコを楽しんだり

20161228144156105.jpg

お土産屋さん巡りをしたり
他の観光客に紛れのんびり、ゆったりした気分で
買い物・見物を楽しむことができます。

1週間過ごすには退屈かもしれませんが・・・
週末+1~2日の時短リフレッシュを希望する方には
おススメの国、カタール(ドーハ)です。

※ヨーロッパ、アメリカなどたくさんの航路をもつカタール航空
トランジットが長い場合には無料の市内ツアー、ホテルの提供も
あるので、トランジットを利用しての滞在もおススメです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: