記事一覧

イスラマバード発おススメ旅行先 その2 オマーン

IMG_20170103_105715.jpg

イスラマバード発の旅行先として・・・

前出記事でご紹介したスリランカの次におススメしたいのは「オマーン」です。

日本からは直行便がないこともあり、旅先としては馴染がない・・・
という方も多いのでは。

でも、イスラマバードからは直行便で約3時間!
日中のフライトで、航空券が大人1人約3万円程度という安さも
おススメ理由の1つです。

事前のビザ申請も不要。入国審査所の手前に両替兼ビザ販売所があり、
その場でオマーンリアルへの両替兼、観光ビザが取得できます。
USドル、日本円、パキスタンルピーも取り扱いあり!

さて、オマーンはヨーロピアンに人気の観光地らしく

IMG_20170103_133800.jpg

おなじみの観光バス「BIGBUS」も走っています。

バスに揺られ、マスカット市内を見学して気づくのは

シンドバッドの出身地と言われているオマーンは
カタール・ドーハ、UAEなど高層ビルが立ち並ぶ
他の湾岸諸国と違い

41147-03.jpg

古き良きアラブの雰囲気が楽しめる、ということ。

一方

立派なショッピングモールもあり、ヨーロッパブランドショップだけでなく

IMG_20170103_145806.jpg

「DAISO」で買い物を楽しむこともできます。

また

海辺には

IMG_20170106_153228.jpg

リゾートホテルも!

パキスタンの喧噪を忘れてホテルでのんびりしたい方にピッタリのステイ先。
のんびりするだけでは飽き足らない!というアクティブな方は
スキューバダイビングやシュノーケリングの両方を楽しむこともできますよ。

そう、海といえば

IMG_20170103_151643.jpg IMG_20170105_192649.jpg

シーフード!

オマーンには、日本人が経営する日本食レストランもあり
おいしいエビやマグロが食べられます。

パキスタンとは違って
ホテルやレストランではアルコールの注文もOK。
日本のアサヒ・ドライも飲むことだってできます。

それから・・・

「中東といえば砂漠でしょ。砂漠を体験したい!」
という方には

IMG_20170105_100538.jpg

こちらワヒバ砂漠がおススメ。

IMG_20170105_081018.jpg IMG_20170104_102319.jpg

デザートサファリやラクダ乗りを楽しむことができます。また
砂漠への道中にはきれいな水が流れるオアシスのような天然プールにも遭遇。
オマーンならではの体験ができること間違いなし。

イスラマバードから近くていろんな楽しみ方があるオマーン。

イードホリデーなど、短い休暇しかないけど「パキスタンから脱出したい!」

そんな方は、ぜひオマーンへ飛んでくださいね。

※オマーンでは通信アプリ「LINE」「SKYP」は規制されていて使用できないそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: