記事一覧

イスラマバード発おすすめ旅行先 その4 トルコ

イスラマバードから直行便で行けるおススメ旅行先、今回はトルコ、イスタンブールをご紹介します。早朝出発のため、イスタンブール空港に着くのは現地時間の朝9時。到着してからすぐに観光できるのがポイントです。イスタンブールは世界遺産の宝庫。4つの保護地区があり、町中がアジア、中東、ヨーロッパの混ざり合った不思議な雰囲気。その中でも特に有名なのがスルタンアフメットモスク(ブルーモスク)トプカプ宮殿アヤソフィア...

続きを読む

抹茶ドリンクが飲めるアメリカンなカフェ

昨年12月にカルフォルニア発の人気カフェ"The Coffee Bean&Tea Leaf"がパキスタンに初上陸しました!日本人が多く暮らすF-6セクターが第1号店。そして今月にはF-11セクターに2号店がオープンする予定なんだとか。新しいカフェができたり、潰れたり・・・カフェの盛衰が厳しいイスラマバードですが スタイリッシュなインテリアが素敵な店内には高品質コーヒー豆やマグを販売する棚もあったりしてアメリカにいるような感覚を味わえる...

続きを読む

シリーズ・パキスタンのイケメン その41

新年あけましておめでとうございます☆ぴあら☽パキスタン、2018年は、さらにワクワク♡ドキドキな一年になるよう祈りを込めて、イケメン記事からスタートです!新しい年を祝うに相応しいイケメンは・・・以前ご紹介したフンザ料理レストラン「Wild Thyme」のジェネラルマネージャー、ゼン・ウン・アビディンさん、28歳。フンザではなく、カシーミール出身です。白いスラックスをこれほどまでに履きこなすパキスタン人がいるとは・・...

続きを読む

パキスタンのインスタントラーメン

スーパーでも食料品店でも、どこでも見かけるインスタントラーメンコーナー。パキスタン人は毎日カレーばかり食べているかと思いきや彼らは、特に子供たちはインスタントラーメンも大好き。学校にお弁当やスナック代わりに持ってく子どもいるくらいです。パキスタンのラーメン。メーカーは1つではないし、味もバラエティー豊富です。まず 子どもに大・大・大人気のラーメンといえばティッカ(パキスタンの焼き鳥)味のラーメン(...

続きを読む

気軽なビュッフェレストラン「EMPERO'S TABLE」

Safa Gold Mallの4階にある「EMPERO'S TABLE」こちらは毎日ビュッフェが楽しめる家族連れに人気のレストランです。ランチメニューは スープ、サラダバー、パキスタン料理、BBQ、中華料理・・・と、品数は決して多くはありませんが、ランチには十分な量。モール内にあるため、店員さんなど”おひとり様ランチ”をしている人も多く、「買い物ついでにランチを済ませたい」なんていうときにぴったりですよ。ランチ:12:20~15:30 ...

続きを読む

オシャレなデリカフェ Table Talk

F-6/2セクターのコサールマーケットにオシャレなデリカフェができました。テラス席もある1階部分は同じく「Table Talk(テーブルトーク」)というレストラン。デリカフェと同名で経営者も同じなのですが、このレストランは普通のレストラン。デリカフェがあるのは レストランの2階。天上まで届く白い本棚とバルコニー席。一瞬、パキスタンから抜け出したような気持ちになる空間です。※本は購入可能です。このほか、少量ですが輸入...

続きを読む

簡単!フレッシュトマトの万能トマトソース

パキスタン料理に欠かせないトマト。数ヶ月前には価格が高騰し「庶民からため息が聞こえる」と、新聞やTVでニュースになっていましたが現在は1Kg80ルピー程度と価格も落ち着いてきました。というわけで、今日は1年中フレッシュトマトがお手頃価格で手に入るパキスタンならではの簡単!万能!トマトソースレシピをご紹介します。<材料>・トマト・・・・1kg(・ニンニク・・・・2かけ)(・オリーブオイル・・・大1)パスタ...

続きを読む

キリム

手軽なお土産として今日ご紹介するのは「キリム」です。キリムとは中央アジア一帯、 アフガ二スタンからイランに暮らす遊牧民たちが織る平織り(毛足がない)の織物で、その歴史は古く、約6千年前の昔 から遊牧民が敷物・テントなどの生活用品として使っ ていたといわれているそうです。イスラマバードのクラフトショップで取り扱われているキリムのほとんどがお隣、アフガニスタンのヘラート産です。日本で買うと数万円するものも...

続きを読む

パキスタン☆コレクション

ぴあら☽パキスタンが陰ながら応援している都内表参道にあるエシカルジュエリーショップEARTHRISEからこの度「パキスタンコレクション」が発表されました!コレクションの名前は「from Pakistan with love」スワートにある研磨工房で研磨され日本人デザイナーと日本人職人の技術で美しいジュエリーに生まれ変わったパキスタン産原石たち。磨いて、デザインを施し、さらに加工すると (出典:EATH RISE HPより)こんなに光り輝くなん...

続きを読む

フリーエリア

プロフィール

ぴあら編集部

Author:ぴあら編集部
トキメキを求めてイスラマバードを彷徨う
編集部記者がパキスタンのくらしの基本&
カワイイ発見をレポートします。

記者&記事募集中!

ぴあら編集部ではパキスタン・イスラマバードに関する記者&記者を募集しています。 「こんな良い情報あるんだけど」「ぜひこの情報を皆さんと共有したい」という方、ぜひご連絡ください!

名前:
メール:
件名:
本文: